解約返戻金の種類によって選び方が変わる生命保険

生命保険では終身型や定期保険などで、契約期間が満了したり死亡した場合に支払われる解約返戻金がありますが、種類があるため選び方によってメリットが変わってくると言えます。

以前からある従来型の生命保険では解約返戻金が多く受け取れるメリットがありますが、その分だけ保険料が高くなってしまいます。
受け取れる金額を減らし保険料を安く抑えているのが抑制型とも呼ばれる低返戻金型となります。

また全く返戻金がないタイプのものもありますので、選び方によって経済性が大きく異なるのです。
終身保険の場合には生命保険として利用するだけではなく、満期時の返戻金を目的に貯蓄として利用することが可能です。
もちろん定期保険でも同じことが言えますが、貯蓄性が高く資金の流動性リスクを抑えることが可能なのです。
満期まで掛けつづけると契約通りの保険金が支払われますが、途中で解約した場合には返戻金が少なくなってしまいます。
ですから満期まで確実にかけ続けることにメリットがあるため、資金を使いきってしまうリスクを避ける事が可能なのです。

不測の事態に対応するために加入するのが生命保険ですが、解約返戻金の大きい保険は流動性の少ない貯蓄として利用することが可能なのです。