終身型生命保険の上手な選び方

生命保険には大きく分けて、保障が一生涯続く終身保険と、一定の期間だけ保障される定期保険とがあります。

この二種類の保険にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、単純にどちらが得か決めることはできません。
つまり、契約する人のライフスタイルによって選び方が異なることになるわけです。

終身保険の最大のメリットは、何と言っても保障が一生涯続くという点にあります。
定期保険のように保障が途中で切れてしまう心配がないため、高齢になっても新たな保険に入りなおす必要がありません。

ただし、選び方として注意しなければならないのは払い込み期間です。
払い込み期間とは保険料を支払い続ける期間のことで、この期間が生涯続く場合は一生保険料を支払わなければならなくなります。
これを避けるには、払い込み期間が60歳までに区切られているなど、節目の年齢で支払いを終えられるような生命保険を選ぶことがおすすめです。

また、終身保険は保障期間が長い分、定期保険よりも保険料が割高に設定されていることがデメリットとされています。
その代わり解約時にある程度の金額が返還される、解約返戻金という制度を利用することができます。

解約返戻金はどのタイミングで解約するかによって金額が大きく異なりますので、あらかじめチェックしておくこともおすすめです。